読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facta non verba.

サイクルロードレース参戦記とトレーニング記録

第4回榛名山ヒルクライム 年代別19位

体重51kgくらい。

 

榛名湖畔ゆうすげ元湯で前泊。最近は温泉楽しみで遠征する感じ。

 

午前2時30分起床。カステラ何個か、ハニースティンガー4つ、バナナ2本食す。

 

午前4時出発で指定駐車場へ。アップはローラー20分くらい、心拍170bmくらいまで上げる。

 

第2ウェーブスタート。半分より少し後ろからスタート。

 

散発的に生まれるトレインに乗ったり牽いたりしてポジションを上げるも、脚力が合わない選手のところでぶちぶち切れる。良くない雰囲気。

 

踏みどころ遅すぎた、入賞無理そうだなあとぼんやり考えながら、もー付き合ってられねーっとブチキレて初心者ゴール過ぎてから見切りをつけて発射。降ってくるエキスパの選手ぶち抜きながら進む。大してハイライトもなく終了。

 

43分03秒 240W (4.70W/kg) NP242W 170/176bpm 82rpm

ほとんどロードレースだったのでパワーとしてはこんなもんでしょう。

 

f:id:Factanonverba:20160613100706j:plain

f:id:Factanonverba:20160613100728j:plain

19位ですか。そうですか。一度勝った相手に負けるとか。

 

メジャーヒルクライム入賞目指して取り組んできたわけだが目標達成ならず。とは言え、初出場にしては決して悪くない結果。レース展開としては失敗だったので複雑な気分だが…。

 

f:id:Factanonverba:20160613101343j:plain

f:id:Factanonverba:20160613101347j:plain

 

シーズン終了。とにかく終わってホッとしたというのが正直なところ。今まで抑圧してきた食欲爆発。何しろ2か月半で7kg落としたんでね。しばらくは食事を楽しみます。

 

既に次の目標に向けて始動中。不言実行継続中。

榛名山ヒルクライム試走

スバルライン試走から中1日でハルヒル試走。

 

アップなしでいきなり登り始める。きつい。

 

直線平坦、緩斜面の割合が長く戸惑う。引き続き向かい風に曝される。本番は位置取りに気をつけないと。身体が慣れてきてからは良いリズムで踏み始める。

 

初心者コース過ぎてからの林区間で下りと上り繰り返し。苦手なパターンだなーと思いながらフロントのシフトチェンジを繰り返していたら、チェーンがインナー側に落ちる。9km辺りか。

 

TT終了。

 

あー、本番じゃなくてホント良かった。

 

頑張ってリスタートを切るも身体がズドンと重くなる。良いリズムだったのが完全にペースが乱れる。

 

神社過ぎてから九十九折へ。ここまで脚を残さなければトップに食い込むことはできないな。というかここからが本番っぽい。今日は完全に脚が終わっていた。

 

なんとかゴール。

f:id:Factanonverba:20160516183757j:plain

榛名湖コース

43分56秒 245W (4.71W/kg) NP247W 165/172bpm 74rpm

メカトラ有り単独走では結構良いかも?STRAVAの今年だけの統計なら2位だった。まだ希望はある。

ちなみに初心者コースまで15分17秒、榛名神社コースまで30分39秒。

 

スバルライン試走と立て続けだったので疲労困憊。伊香保温泉で気分転換。

f:id:Factanonverba:20160516183726j:plain

f:id:Factanonverba:20160516183730j:plain

 

富士ヒルクライム試走直後だが、諸事情によりDNS濃厚になってきた。ハルヒル頑張ろう。

Mt.富士ヒルクライム試走

起床時体重52.0kg。ちょっと重め。

 

大会は1ヶ月以上先だがこの先試走するチャンスがないかもと思い、GW最終日のあまり良くないタイミングで試走へ。

 

7時過ぎに県立富士北麗公園駐車場に駐車。施設の開館時間は9時からだったのでトイレを求めて下ったところのコンビニへ。準備して富士スバルラインへ。

f:id:Factanonverba:20160506194616j:plain

無駄に緩急をつけず90%くらいのパワーで(後半のタレ分含めて)我慢する走りに徹する。とは言えロングヒルクライム、精神状態、気温、標高等の要因によっていくらペースを守ってもパワーの低下は不可避と考えた。ローラー台の1時間走よりも数値的には酷いものになるはず。と覚悟してスタート。単純にPWRでタイムが決まるのではなくペダリング等で無駄のない走りができれば、いくらパワーが低くてもしっかり前に進むはず。というわけで今日のテーマは、体幹を意識して1ストローク毎にベストのペダリングを。

 

走っている間あんまり記憶がなく、5合目までの距離標を目で追ってカウントダウンをしていくのみ。精神的に厳しくなるだろうと思い、パワーもタイムもほとんど見ないようにした。

 

2合目あたりから強風。しかも勾配がキツくなるところに限って向かい風。単独走の心細さ。何度か足をついてしまおうと思った。さすがに辛い笑

 

f:id:Factanonverba:20160506194400j:plain

 

登頂成功。ものすごい達成感。

 

富士スバルライン

1時間6分28秒 230W (4.42W/kg) NP232W 165/171bpm 74rpm

計測開始地点から料金所の支払い待ちを含めると+2分21秒。強風の単独走でこれならまだ希望が持てるか。レースペースならどこまで速度を上げられるか。上位に食い込むには…。あと1か月、まだ時間はある…。

予想通りパワー的には低調。だがこのタイムなら上出来と言えるかな。ほぼ90%のパワー維持できた。ペダリングが乱れることによる身体の不具合も出なかったし、少しの成長を感じた。

f:id:Factanonverba:20160506194607j:plain

一昨日ステムを100mm→110mmに変更したばかり。肩周りの窮屈感が出始めていたので延長。体重が乗せやすくなり非常に良い感触。

 

ギヤはフロント50-34t、リア11-26t。インナーだと回しきってしまいそうになり、アウターに上げざるを得ない場面が何度か。リスク回避のためにも36tか38tは必要かもしれない。最後の高速区間がある為フロントシングルにする勇気はちょっとない。

 

f:id:Factanonverba:20160506200241j:plain

ムースヒルズバーガーで昼食。開店15分前に到着してベストなタイミングで食べることができた。美味しい。フライドポテトはさすがに食べなかったけど。

 

近くの温泉「ゆらり」で富士山を眺めながらの露天風呂を堪能。

 

帰りの中央道の大渋滞に揉まれながら帰宅。

白石峠 1本だけ

 日光白根の後の生活。

4/25月、通常出勤、朝晩ローラー流すだけ
4/26火、当直前60分メディオ
               L4: 60分 250W (4.85W/kg)
4/27水、当直ダメージ練習なし
4/28木、休日、引き籠もり、食って寝てローラー食って寝てローラー食って寝る
              午前 L5: 15分 271W (5.30W/kg)、L4:5分+10分など
              午後 L4: 20分 263W (5.15W/kg) 
4/29金、休日、当直ダメージぶり返し体調悪し、一日中寝て回復して夜ローラー
              L4: 30分 252W (4.94W/kg)
4/30土、出勤、力全く入らず練習なし、そして不眠
 
そんで今日、天気も良いそうだしいつもの峠TT。寝不足だが走り出せば調子上がってくるか。
 
白石峠
22分29秒 257W (5.05W/kg) 68rpm 174/177bpm
全然脚が回らない。心臓と脚が噛み合わない。回らないから重いギアに逃げる。こんな重いギアで登ったのは初めて。水場に到達する前に不調を悟る。
自己ベスト更新なのに全くすっきりしない。身心共に疲労しているからか。いつもは2本やるけど、そんな元気もないし危ないので1本で終了。

f:id:Factanonverba:20160501192646j:plain

今の気分に反してとっても良い天気。
 
ハルヒル本番に調子が上がればいいさ。
 
 
シロクマでお土産買って帰る。

ameblo.jp

色々買ったけど、その中でもこれ。めちゃくちゃ美味しかった。妻からも大好評。

 

今年のヒルクライムシーズンは6月で終了する予定で、刻一刻と峠TTする機会がなくなっていく中、今日のTTは卒業試験的な意味を持って臨んだ。22分切れたら今年の白石峠は一区切りっていう感じ。しかし結果振るわず、再試決定。

 

パン買いに行くことをモチベーションにして再試頑張るか。

第5回日光白根ヒルクライム 年代別2位 総合6位 *4/25追記

午前2時50分起床。体重51.7kg。

 

メイジンを拾って土砂降りの関越を超え丸沼高原へ。7時過ぎ到着。

思った以上に気温が高い。10℃くらい。時間が経つにつれ上昇していく。晴れてきたし今日は良いコンディションだ。

 

レース後にメイジンに譲ることとなるGT-Roller Flex2で軽くアップ。

ルートラボによるプロファイルのみの情報で試走無し、出走へ。

 

スタートは3人ずつ15秒置きのスタートという珍しいレース。ほぼ個人TT

 

普段の峠TT通りの走りができれば、と思い落ち着いてスタート。

感覚メーターでFTPちょい上ペースを守る、つもりがEdge画面の表記が明らかに40〜50W程低い。パワーメーターのゼロイングの問題?妙に喉が詰まるし頭が重い。脚の血流がストップしている。心拍がなかなか170を超えない。おかしい。頭痛が増大してきた。

 

不調か。不調の時は目に入る情報を減らして集中するのみ。残り距離のみ見て走る。

 

中盤以降に現れた下り区間、平坦区間、下り区間。ヒルクライムレースでこんなのあり?

 

下りが終わって登り返し残り1.5kmほど。とにかく苦しい。こんな苦しい登坂は久しぶり。こんなんで入賞なんて片腹痛いわ。頭痛い。ああ、ハルヒルなんて走れないかも、こんなに苦しいならこれでシーズン終わっちゃおうかな。早く終われ。

 

金精峠フィニッシュ。

f:id:Factanonverba:20160424204036j:plain

苦しみから解放されてホッと。

 

下って休憩所で飯食べる。水芭蕉焼き、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

スタート地点に戻ってリザルト確認。2位だった。

優勝はディフェンディングチャンピオン。相手にならかったです。

f:id:Factanonverba:20160424204238j:plain

コースの試走、もしくは出場経験の有無が大きく勝敗を分けたのではないか。と言い訳しておく。

 

11km 28分5秒 234W (4.53W/kg) 166/171bpm 78rpm

このパワーで入賞なんてできないでしょう。5.2倍は踏んでいた感覚。メーターのゼロイング問題に加えて高地スタートの酸欠による体調変化。あまりにも情けない体質で少し凹む。しかし結果は出て満足。高地スタート〜フィニッシュの乗鞍は自分には無理なのかな。今年は出られないけど。

*4/25追記: レース当日のキャリブレーションと翌朝のリキャリブレーションで比較すると、レース当日のパワーが40〜45W程度低いことが判明。原因は急激な気圧、気温変化によるものだろうか。低酸素云々っていうのは見当違いで、パワー値に惑わされて序盤に突っ込みすぎて後半バテただけだった笑

 

f:id:Factanonverba:20160424204044j:plain

 

次はハルヒル。次こそは自分の走りがしたい。

初ヤビツ峠TT 2本

先週に引き続き輪行で練習。ヤビツ峠へ。

 

メイジンと秦野駅で待ち合わせ。コースプロファイルを確認して出発。

 

コンビニスタート。

 

ヤビツ峠

1本目: 29分00秒 272W (5.19W/kg) 169/175bpm 80bpm

未知の領域ということもあり、出し過ぎないよう抑え目を心がけてパワーを見ながら淡々と。スタート直後に下りや緩斜面区間が現れるのには戸惑ってしまった。緑色の路側帯がある区間が一番きついとは聞いていたけど、奥多摩秩父の山々と比較したらそこまでって感じ。あとは緩斜面区間や平坦路の繰り返し。菜の花台へ左折する車、対向車、前を走る自転車が詰まっていて避けるのにロスった以外は特に問題なかった。登坂距離10.1kmという情報は持っていたもののEdge800に距離表示を入れていなかったので、ゴール地点がいつ現れるかわからず踏み所がなくフィニッシュ。オールシッティングでとにかく出力が下がらないように走るだけだった。心拍低いしまだ余裕はある感じか。頂上は多数のサイクリスト。秩父の激坂と違って無理な道路設計ではなく、走っていて楽しい峠ではあった。みんな登りにくるわけだね。

 

すぐに下って、登り途中の初心者メイジンを励ましながらスタート地点へ。

 

2本目: 30分45秒 250W (4.77W/kg) 159/172bpm 73bpm

ダウンヒルの寒さでテンションダウン。スタートして心拍上がり始めるまでは我慢しようと思いすぐに2本目スタート。コースはなんとなく把握した。最初はSSTペースで、緩斜面に入ったら上げていく感じで。終盤の「急カーブ」看板が見えてきたあたりでダンシングも混ぜながらダッシュ。出力は下がっているけどタイム的にも1本目より良い走りができたんでは。

 

f:id:Factanonverba:20160417082243j:plain

この写真を撮りたかった!

 

PWR的には28分くらいで走れないといけないと思うんだけど、下りも平坦も踏めていないという指摘あり。確かに緩斜面区間のサボってる感はなんとなく気づいてはいた。来週の日光白根は平坦と下りを含むらしい?ので、そこら辺意識して走らないといかんな。

 

メイジンは54分でフィニッシュということで、二人ともヤビツの洗礼を受けた。もっと成長しようと誓って帰途へ。

白石峠2本 初パン工房シロクマ

電車で初めての輪行

 

東武東上線の下電車は人が少ないので快適。問題なく越生駅に到着。

好天。輪行してきてなんだけど、これ以上ないサイクリング日和。

 

準備して余計な荷物はロッカーに預けて白石峠へ。

 

白石峠

1本目: 22分53秒 266W (5.05W/kg) 76rpm

心拍計反応せず。水場まで10分6秒 277W。良い感じだが明らかに出しすぎ。学ばない自分。つづら折り区間で車をパスするためにロスがあったけど、最後の緩斜面区間まで集中できた。勝負平からはアウターに上げて下ハンでダッシュ。自己ベスト更新。

 

2本目: 24分27秒 246W (4.67W/kg) 74rpm

下ってすぐに2本目。売り切れ寸前の脚で回らない。ミドルテンポで。心拍が上がってきてようやくリズムをつかめてきた。ペース守りながら最後まで我慢してフィニッシュ。2本目で24分代は上出来。

f:id:Factanonverba:20160417072550j:plain

f:id:Factanonverba:20160417072603j:plain

f:id:Factanonverba:20160417072606j:plain

 

 

パン工房シロクマへ。

f:id:Factanonverba:20160417072625j:plain

実は初めて来る。ゴボウパン美味しい。なぜ今まで食べに来なかったのか。ここら辺走りに来た時は必ず寄っていこう。

 

峠2回登るだけでTSS147。タイム更新できたのは輪行で脚使ってないからなってのはわかりきっているけど、自分の走りに良いイメージを持つ為には意味はあると思った。非常に満足な1日だった。輪行することでダメージ無く、時間のロス無く、素早くメインのトレーニングに集中できる。ロングライドするとダメージが数日間抜けないけど、これなら翌日もハードトレーニングができそう。今ターゲットにしているのは30分〜1時間のヒルクライムレース。往復の走り込みはおきなわ210kmに向けたトレーニングとしては必須だけど、今は正直言って必要無い。ヌルい、と思われるかもしれないが。何しろ楽しく無いし。ということでしばらくはロングライドしない方針に。

 

来週はヤビツ峠TT。