読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facta non verba.

サイクルロードレース参戦記とトレーニング記録

126km 4時間29分 2600kJ TSS256

金曜日は職場のプロジェクト達成記念の祝賀会。
ここぞとばかりに食べてカーボローディング。

奥多摩〜松姫〜道坂峠〜道志道の予定で出発。

CTL: 65 ATL: 87 TSB: 0

・4時間29分 159 W (NP195 W) 78 rpm

新青梅街道をひたすら西へ。基本的に信号ダッシュ、ファストラン。

古里あたりでチェーンがアウター側に落ちる。
間もなくしてフロントディレイラーがもげる。




















( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

走行不能。どうやって帰ろう。

奥多摩の最終コンビニで瞬間接着剤を買ってくっつける。
青梅まで降りて、まだ不安だったのでビニールテープを買ってぐるぐる巻きに。















これでとりあえず帰れるレベルに。
帰りは渋滞と排気ガスに揉まれ来た道を戻るだけ。最低な1日だった。
























EPSのFDはもげた部分は接着剤で接続されていたようだ。
走りながら原因を考察していたんだけど、おそらくは汗やらなんやらでその接着剤が加水分解を起こしたことが考えられる。さらに、2年間くらいQ-ringsやO.symetricといった非円形チェーンリングを使っており、モーターのトルクによって接続部分に過剰な力が加わったことも一因ではないか。

どちらにしても修理と新しいFDの取り寄せが必須。

応急処置としては、耐水耐候性エポキシ樹脂でバンドごと巻き込むように固定した。
しっかり変速する。とりあえず走って耐久性を試すしかない。

高価なパーツがダメになったショックより、今後の練習やレースの心配が大きい。


体重: 52.1 kg(帰宅後)