読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facta non verba.

サイクルロードレース参戦記とトレーニング記録

初ヤビツ峠TT 2本

先週に引き続き輪行で練習。ヤビツ峠へ。

 

メイジンと秦野駅で待ち合わせ。コースプロファイルを確認して出発。

 

コンビニスタート。

 

ヤビツ峠

1本目: 29分00秒 272W (5.19W/kg) 169/175bpm 80bpm

未知の領域ということもあり、出し過ぎないよう抑え目を心がけてパワーを見ながら淡々と。スタート直後に下りや緩斜面区間が現れるのには戸惑ってしまった。緑色の路側帯がある区間が一番きついとは聞いていたけど、奥多摩秩父の山々と比較したらそこまでって感じ。あとは緩斜面区間や平坦路の繰り返し。菜の花台へ左折する車、対向車、前を走る自転車が詰まっていて避けるのにロスった以外は特に問題なかった。登坂距離10.1kmという情報は持っていたもののEdge800に距離表示を入れていなかったので、ゴール地点がいつ現れるかわからず踏み所がなくフィニッシュ。オールシッティングでとにかく出力が下がらないように走るだけだった。心拍低いしまだ余裕はある感じか。頂上は多数のサイクリスト。秩父の激坂と違って無理な道路設計ではなく、走っていて楽しい峠ではあった。みんな登りにくるわけだね。

 

すぐに下って、登り途中の初心者メイジンを励ましながらスタート地点へ。

 

2本目: 30分45秒 250W (4.77W/kg) 159/172bpm 73bpm

ダウンヒルの寒さでテンションダウン。スタートして心拍上がり始めるまでは我慢しようと思いすぐに2本目スタート。コースはなんとなく把握した。最初はSSTペースで、緩斜面に入ったら上げていく感じで。終盤の「急カーブ」看板が見えてきたあたりでダンシングも混ぜながらダッシュ。出力は下がっているけどタイム的にも1本目より良い走りができたんでは。

 

f:id:Factanonverba:20160417082243j:plain

この写真を撮りたかった!

 

PWR的には28分くらいで走れないといけないと思うんだけど、下りも平坦も踏めていないという指摘あり。確かに緩斜面区間のサボってる感はなんとなく気づいてはいた。来週の日光白根は平坦と下りを含むらしい?ので、そこら辺意識して走らないといかんな。

 

メイジンは54分でフィニッシュということで、二人ともヤビツの洗礼を受けた。もっと成長しようと誓って帰途へ。